千葉市,美浜区,小児歯科専門医,子ども,歯医者

駐車場2台あり
幕張本郷駅から徒歩15分 バス5分
043-441-3768
千葉県千葉市美浜区幕張西2-7-16 1階

院長コラム

合掌 ~市川海老蔵さんとの思い出~

小林麻央さんが亡くなられて1か月が経ちました。

海老蔵さんとは、今は大学生となった息子が子役時代に2回舞台をご一緒しています。一度は「市川海老蔵襲名披露公演全国巡業」で、今一度は、長塚圭史さんが海老蔵さんのために脚本を書き下ろし、演出もなさった「ドラクル」という舞台でした。

襲名披露公演ではタイトなスケジュールの中2か月かけて、北は札幌から南は熊本まで巡りました。この間、団十郎さんの白血病再発という大変な出来事があり、さらに台風で予定通りに移動できなかったことがあったりと、「巡業は大変」と聞いてはいましたが、十年経った今でも鮮やかに思い出せる2か月です。

「ドラクル」では、初めてのお稽古の時に海老蔵さんが息子を見て、「コイツ覚えてる!前に一緒にやったのよ!良かったのよ!」と皆さんに紹介してくださいました。この舞台も共演に宮沢りえさん、勝村政信さん、永作博美さんら個性的な俳優さんが揃い、大変印象深い舞台でした。

海老蔵さんは世間の噂通りにヤンチャではありますが、とても繊細で真面目な方でした。よく親子で教えるのは難しいといわれていますが、襲名披露公演のお稽古では団十郎さんが冷静にご注意なさり、海老蔵さんはそれを真摯に受け止めていてとても素敵な親子だと思いました。巡業中、息子と私の電車のチケットが取れずにスタッフと一緒にバス移動となった時は、「子役の移動も考えてやれよ!」と事務局に言ってくださいました。「ドラクル」では舞台袖で出番を待つ息子を構うことを日課にしていらして、子供好きの一面をみました。

当時、「いずれ成田屋を継ぐ者として結婚し子どもを持つのでしょう。とても個性的な方だから、海老蔵さんをよく理解し支えてくれる人がみつかるといいな。」と思っておりました。その数年後、良い方に巡り合い、お子さんも生まれ、素敵な家庭を築かれ、良かったと思っておりました。しかしこの間、お父様を亡くし、成田屋を継ぎ、それだけでも大変な心労だと思いますが、この度の訃報はあまりにも残念です。

ブログを拝見していると、悲しみは日々増すようで、その上に歌舞伎俳優としての大変な仕事があり、さらに一門も率いていかなければならない、お子さんとの生活もある。心身のご健康をお祈りするばかりです。

天国の麻央さん、見守ってください。

2017年07月25日

コラム目次