千葉市,美浜区,小児歯科専門医,子ども,歯医者

駐車場2台あり
幕張本郷駅から徒歩15分 バス5分
043-441-3768
千葉県千葉市美浜区幕張西2-7-16 1階

お子様の治療 - 乳歯がなくなった時の治療

乳歯がなくなった時の治療法(保隙)

乳歯を適切でない時期に失った場合、大人の歯が生えてくるスペースを保つ治療(保隙)が必要になります。

一般的に、お子さんの歯は成長に伴い自然に抜け大人の歯に生えかわっていきます。
しかし、事故でぶつけて歯を失ったり、むし歯によりやむなく歯を抜かなくてはならない時など、自然に抜けるよりも早い時期に乳歯がなくなるケースがあります。
このような場合、失ってしまった歯の隙間を埋めるために他の歯が移動しようとするため、いざ大人の歯が生えてきた時に生えるスペースがなくなってしまうことがあります。
そのため、適切でない時期に失った乳歯の分のスペースをきちんと保ちつつ、大人の歯への移行を導く「保隙(ほげき)」という治療が必要になります。

 

保隙装置の例
前から4番目の歯を失ってしまった場合の保隙装置の例